私がニキビに悩み始めたのは

私がニキビに悩み始めたのは中学生の頃です。
いわゆる思春期ニキビで、そのときは街の皮膚科に通って昔ながらの硫黄系のニキビ薬で治療しました。その後高校生の頃に1番ニキビがひどくなり、某通販系スキンケアを使いました。
それを使い始めてからなかり改善しましたが、長期的に見ると良くなかったです。それは医薬品ではないので、治療というより抑え込むようなイメージでした。
参考サイト:タカミスキンピールの口コミ
その商品を使っているうちは肌が綺麗でしたが、止めた途端に酷くなりました。むしろ使う前よりもニキビが増えてしまったのです。そこから色々調べて、きちんと皮膚科に通うことにしました。
インターネットで調べて、若い女医さんがいる今時の皮膚科にしました。医療は日々進歩していて、新薬も出ているので最新の治療法を研究している先生が良いと思いました。
そこで出されたのは内服薬と塗り薬と保湿剤でした。ビタミン薬を飲み、保湿剤はジェルタイプでした。
塗り薬は2種類あり、一つ目は顔全体に塗るピーリングタイプ。
もう一つはニキビができている箇所のみに付ける抗生物質。
これらの治療を根気よく続けていたら、かなり改善されました。
は30代ですが、まだ体調によってニキビが出ることがあります。
もあると思うので、この肌と付き合っていくしかないと思います。
上手にコスメでケアしながら、医療にも頼って治していきたいと思います。