夏休みの工作、木工で家具作りに挑戦!一度作れば一生の宝物になります。

会社員、男性、41歳、taka
私の部屋には本棚とカセットラッグがありますが、おそらく世界に一つしかない木工家具であろうと思います。
実はどちらも小学校の時に作った手作り家具で、夏休みの課題で作りました。あれから30年ほど経った今でも、現役で活躍しています。
まず、自分の部屋に欲しいものをイメージし、簡単な設計図を描き、次にホームセンターに行き、資材館にて必要な材料を買い揃えました。
木材だけでなく、キャスター、取っ手、蝶番、マグネットなど、欲しいものを全部買いましたが、お店の中でこれだけのものが全て揃うものかと当時はワクワクしました。
自宅ガレージでいざ作業。鋸引きや釘打ちなどなかなか上手くいかず、何度も失敗したため廃材ロスも出ましたが、これを再利用するため考えるのも勉強になりました。
家族はもちろん、盆休みに訪問していた親戚まで手伝ってくれました。今考えると感謝です。
最後に廃材で補強し、塗装やニス塗りで完成しました。イメージしたものが出来上がった嬉しさだけでなく、実際使ってみて自分が欲しかったものが手に入った喜びも味わえました。今も使っていますが、見るたびに「いい勉強したなあ」と思っています。