人間の本能を大切にしましょう

“食べたいときに食べたり眠いときに眠ったり出来ればそれ以上の健康法はないと思います。現代人は食べたいときに食べられず眠りたいときに眠れないですよね・・・。「みんながそうなんだから仕方がない」「自分だけじゃないから諦めよう」食べたいとき食べられず眠りたくても眠れない生活を送っている人は初めこそ不満や疑問を持ってもその状態が続くと諦めに近い心境になってしまいます。たぶんカラダと心がどんどん弱っていって疑問に思ってあれこれ悩むより諦めてしまった方がラクなんだと感じるからでしょう。

だけど考えることを諦めてしまって慢性的な睡眠不足が続くと精神を病んでしまいます。「諦めてしまった方がラクなんだ」「もうあれこれ考えるだけムダ」だとおもっても全てを投げ出してはいけません。睡眠不足や栄養不足は脳の働きを最悪な状態にします。脳がダメージを負ったり弱ったりすると人間は全てダメになってしまいます。美容でも健康でもまず気をつけたいのがここで脳を元気な状態に保つことなのです。

高価なサプリメントなんてわたしは必要ないと感じます。いい加減それに気づかなければ・・・とやっと目が覚めてサプリメントの呪縛から解き放たれました。「サプリメントさえ取っていればビタミン欠乏にはならないし肌もキレイでいられる」と友人や家族に熱心に話していた過去がわたしにはありますが、今思えば顔から火が出るくらい恥ずかしい・・・。その当時のわたしは何も分かっていなかったからです。

人間だって動物です。人間だけ特別な生命体じゃありません。人間は動物だから本能がありその本能を大事に本能に敏感になっておく必要があるわけです。眠くなったら眠って食べたいときに食べる。眠くないのに寝なきゃいけないってなるからストレスになるし、食べたくないのに食べなくちゃいけないとなるからこれもストレスになる。食べたいときに食べ眠りたいときに眠るのが健康の第一歩だと感じます。”