アラサーから始めたぬかみそパックでお肌ツルツル

漬物をつけておく、ぬかみそってありますよね。あの、キッチンにある、ぬかみそが肌をすべすべにしてくれるのです。しょっちゅう、ぬかみそをかき混ぜているのですが、素手でかき混ぜると手がすべすべになってきました。そこで、ぬかみそパックをしています。
ぬかみそは、新しいものを使うのではなく、つけた野菜を取り出すときに出るぬかみそ水を使います。野菜を水で洗うと、ぬかみそ水が出るので、以前は捨てていました。植木の栄養にしたこともあります。捨てずにそれを利用し、コットンやマスクにつけて顔にのせておきます。すると、パックした部分がすべすべ肌になっています。
目の周りの皮膚の薄い部位には用いませんが、顎周辺、頬周辺にパックしています。ぬかみそは、あの独特の匂いを嫌う人もいるようですが、慣れると気になりません。すべすべ肌になるという理屈は不明ですが、アラサーになってから始めたパックで、お肌がとても美しくなりました。