お酒を飲むとまだらに赤くなるときの対策は?

お酒を飲むとまだらに赤くなる。脚や腕、顔などに赤い斑点が出たりする…。こんな悩みでお困りではありませんか?
大人になると、嗜む機会も多いのがお酒ですね。普段からお酒が好きで飲んでいる方もいればお酒は好きではないけど、仕事の付き合いで仕方なく飲まなければいけない方までさまざまです。
なんの問題もなく飲酒できているうちはいいですが飲酒をすると、体にまだら模様が出たり赤い斑点が出るという場合なにか体に良くない影響が出ているのではないかと心配になってしまいますよね。
飲酒によって体に赤くまだらが出てしまう原因には以下のことが考えられます。
アルコール分解後のアセトアルデヒドの影響で血管が拡張して、まだら模様が出る場合があります。皮膚の薄いところに出やすいですね。
血管の拡張によるまだら模様の場合は頻度も少ないですし、一過性の場合が多いので、水を多めに飲んで排出したり、時間が経てば、症状もおさまっていきますしそこまで気にする必要はないと思います。
飲酒をすると頻繁に体に赤い斑点が出たり、まだらに赤くなるという場合や昔は赤い斑点が出なかったのに、現在出るようになったという場合は、肝臓が弱っている可能性があります。
お酒に強いひとほど飲酒のしすぎで肝機能が低下してしまい、体がまだらに赤くなりやすいです。
お酒を飲むといつもまだら模様が出るという方は、アルコールアレルギーの可能性もあります。アレルギーの症状は赤い斑点などの他にも、下痢や吐き気、かゆみといった症状もでることが多いです。
ちなみに、アルコールアレルギーは後天的に発症する場合もあるので、注意が必要です。疑いがある場合は病院で検査をすることをおすすめします。